未分類

鉄対策は賢く食べ合わせること

更新日:

貧血は特に女性に多いものです。
鉄欠乏性貧血がその代表格ですが、その原因は女性は月経や出産・授乳などで血液を失うことが多く、食事量も少ないからです。
鉄剤のサプリメントなどもありますが、自己判断は危険なもので、過剰摂取により胃腸障害やその他副作用を起こすことがあるので、やはり食生活で気を付けた方がよいのです。
鉄にはヘム鉄と非ヘム鉄とがあります。
肉・魚の動物性食品に含まれるヘム鉄は吸収率の高いものです。
しかし吸収率の低い植物性の非ヘム鉄も、工夫次第で吸収がよくなるのです。
鉄の多い生揚げを甘辛く煮て、煮汁とともに皿に盛りつけます。
そこにやはり鉄の多い小松菜やほうれん草のお浸しを添えると、栄養バランスがよくなります。
おやつには鉄の多いドライフルーツや吸収を上げる良質のたんぱく質であるナッツ類、ヨーグルト、ビタミンCの豊富な果物などをともに食すると効果的です。
夕食には鉄の多い鰹やイワシを刺身や煮魚にして摂りましょう。
焼き肉にして、ゆでたブロッコリーをたくさん添えるのも好もしい組み合わせです。
ヒジキを煮る際、肉や大豆を加えるのも好適な一品です。
ヒジキと大豆製品にも鉄分が多く含まれているのです。
また、ビタミンB₁₂と葉酸は造血効果を持ちます。
卵やチーズも積極的に食生活に取り入れましょう。
ほうれん草のグラタンにチーズを乗せたり、ドリアに卵を割り入れるとよいでしょう。
食後には毎食少量で構わないので、果物を口にすると鉄吸収はますます高まり、栄養バランスも優れ、健康的な良い体作りにも貢献するでしょう。

-未分類

Copyright© 貧血におすすめのサプリや食事って?重度の症状におすすめな食生活まとめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.